RSS | ATOM | SEARCH
海上自衛隊鹿屋航空基地史料館

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

鹿児島の知人から、「いい所だから、是非行ってみて!」といわれていて・・・、ようやく行くことができました。

P7230019.JPG

「海上自衛隊鹿屋航空基地史料館」です。

 

エントランスホールには、平山郁夫 氏の原画による大きなステンドグラスが迎えてくれます。

P7230044.JPG

「夕映桜島」

 

鹿屋航空基地史料館は伝統を誇る海軍航空及び鹿屋航空基地に関係ある、海軍関連史料及び海上自衛隊関連資料を収集し顕彰することにより、後世までその偉業を伝えることとして開設されました。

第二次世界大戦末期、鹿屋海軍航空基地からは908名、串良海軍航空基地からは363名の海軍軍人が特攻隊員として南方に出撃し、若き尊い命が失われました。日本で最も多く特攻隊員が飛び立った地。それが、鹿屋です。

P7230021.JPG

2階には、旧海軍航空隊に身を置いて必死に準備を備え、身を挺して戦った人々に焦点をあてた海軍航空隊の軌跡など、旧日本海軍創設期から第2次世界大戦までの資料展示のほか、日本の名機「零式艦上戦闘機52型」が復元展示してあります。

P7230022.JPG

48年の眠りからさめた零戦「零式艦上戦闘機52型」。

P7230026.JPG
平成4年、2機の零戦が錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられ、ともに補う形で1機の零戦となりました。

P7230027.JPGP7230023.JPG

修復には自衛隊隊員の熱意が注がれ、平成5年にリニューアルした新史料館に展示されることになりました。

P7230028.JPG

作戦の一環として神風特別攻撃隊が誕生し、必死の作戦が敢行されるに至った経緯、特攻隊の出撃の概況、特攻に使用された機種、各方面別の特攻作戦、その他神風特別攻撃隊の全容について展示されており、「過去」の事実を学ぶことができます。

P7230029.JPG
また、戦地に飛び立った若き特攻隊員の遺影や遺書等も展示されており、愛する者のために身を犠牲にした特攻隊員の至高至純な心が偲ばれ、目頭が熱くなりました。

 

1階には、海上自衛隊航空部隊の発展と過程、その中で活躍する隊員の姿など、現在の海上自衛隊の活動状況が紹介されています。
P7230030.JPG

現在の海上自衛隊航空部隊の活躍や紹介に終わることなく、隊員たちの活躍ぶりを通じて、国民に「我が国の防衛」について考えてもらうことを意図した内容の構成となっています。

P7230034.JPGP7230043.JPG
また、海上自衛隊が使用してきた航空機や装備品の変遷とともに、航空技術の再建に取り組んだ人々の活躍ぶりを併せて展示してあります。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:美術館・博物館, 15:06
comments(0), -, pookmark
Comment