RSS | ATOM | SEARCH
熊本県和水町「八つの神様めぐり」その4

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

熊本県和水(なごみ)町には、

map.jpg

健康や身体にまつわる「八つの神様」が点在しています。

 

7.「耳の神様」

P3010033.JPGP3010035.JPG

竹林の中を進みます。

P3010039.JPG

天正15年(西暦1587年)12月、佐々成政の要請を受け、和仁一族の田中城攻めに参戦した大炊助は、豊後由布氏の一族で、筑後柳川城主・立花宗茂の家人でした。

P3010036.JPG
騎馬大将として先頭に立ち、大手門より攻めいく中で、家来から「危のうござる!お下がりくだされ!」と強くとがめられるが、もともと耳が不自由な大炊助には聞こえるはずもなく、城中から放たれた矢に胸を射抜かれ討死したという。

P3010037.JPG
それを伝え聞いた村人達は、大炊助を丁重に葬り、代々供養をし続けてきたことが、後の悲話として語り継がれています。
墓前には、火吹き竹が供えられ『耳の神様』としてまつられています。
参拝の方法としては、火吹き竹を借りて吹いて耳にあてます。

P3010038.JPG
お礼参りには、新しい火吹き竹を奉納します。

 

8.「手足の神様」

P3010030.JPGP3010031.JPG

「本当にこっちでいいの???」みたいな【畦道】を進みます。

P3010022.JPG

御神体の手前には【害獣除け】の電線。ワイルドです!

P3010026.JPG

立山の足手荒神は、その昔六嘉(現在の上益城郡嘉島町)の足手荒神を分霊して当地に霊祀したといわれており、現在も当時のままの状態で安置されています。

P3010027.JPG
足手荒神前の小さな池には、以前は白い水がこんこんと湧き出ていたそうです。今も水量は減ったものの、白い水が同様に湧き出ています。それを伝える伝承話は、『竜神がくれた乳の水』として、今も語り継がれています。


足手荒神さんと白い水は、昔から深い関わりあいがあり、霊験あらたかな祈願所として、静かなブームを呼んでいるそうです。

 

P3010018.JPGP3010019.JPG

たのしいはんこ屋さんのたのしい「八つの神様めぐり」でした。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:39
comments(0), -, pookmark
Comment