RSS | ATOM | SEARCH
福岡県久留米市「陸軍遺構」

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

福岡県久留米市野中町、

P8160161.JPG

小高い丘に位置する【久留米競輪場】です。

P8160155.JPG

周りは公園として整備されています。

P8160169.JPG

その一角の芝生広場には、巨大な【忠霊塔】が建っています。

P8160167.JPG

久留米と言えば明治期より軍都として栄え、そこの敷地はかつて陸軍の「久留米陸軍墓地」が設置されており、

P8160168.JPG

主に第12師団の墓地として成り立っていたようです。

 

P8160159.JPG

池に架かる重厚な石橋の名前は、

P8160160.JPG

「陸軍橋」(昭和17年4月竣工)。

P8160158.JPG

 

競輪場を挟んで、この忠霊塔と橋の対角線上、うっそうとした雑木林があります。

車では入れず、競輪場の駐車場(無料)に車を停めて林の中へ入っていきました。非舗装の坂道をしばらく行くと、それは現れます。

 

【円形野外講堂】

PC150028.JPG

地元【池の谷自治会】設置の案内板によると、

PC150029.JPG

ステージとベンチが円形に配置される直径22mの野外講堂で、500人を収容できるといわれています。構造には鉄筋を使用せず、ガラレンガ(セメントレンガ)を積んで、表面をモルタルで仕上げています。

PC150046.JPG

ステージには「養其神(そのしんをやしなう)」と書かれた額と黒板2枚が配置されています。

PC150044.JPG

ステージの背後に楽屋があったこと、ステージ中央に演台跡がみられることからも、この施設が講演・集会の機能を持つことがわかります。

PC150047.JPG

このような構造物は、全国にも例がない貴重な遺構です。

PC150048.JPG

なお、昭和17年(1942)4月10日に行われた忠霊塔の竣工式と慰霊祭では、地元女子青年団による奉納舞踏が上演されたことが知られています。

と、ありました。

 

林の中の坂道をさらに進み丘の一番高いところにあるのは、

PC150030.JPG

【遥拝(ようはい)台】

PC150043.JPG

案内板には、

PC150042.JPGPC150032.JPG

陸軍墓地の造成と諸施設の建設は、昭和14年(1939)7月に着工、同17年4月10日に竣工式と慰霊祭が執り行われました。総工費は25万円で、筑後地方および佐賀の一市六郡から延べ11万2千人にのぼる勤労奉仕によって完成しました。

PC150033.JPG

遥拝台は、陸軍墓地内の最高所(標高50.3m)にある赤レンガ造りの党です。

PC150040.JPG

外見は裾広がりの円柱状で、高さ4.8m、底部径6m、屋上径5.3mの大きさです。内部には螺旋階段があり、屋上の周囲には手すりが廻っています。

PC150037.JPG

中央には祭壇が設置されており、花崗岩製の標柱には「宮城遥拝(きゅうじょうようはい)」と刻まれています。

PC150035.JPG

この背後には、国旗掲揚用の木柱を設置するための金具が残っています。

 

【遥拝台】の上からは、

PC150038.JPG

競輪場の【バンク】を望むことができました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 06:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。