RSS | ATOM | SEARCH
旧下関英国領事館

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・

佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の


実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はんの正信堂 徳永です。   

 

「旧下関英国領事館」です。

PB230079.JPG

平成11年5月に国の重要文化財の指定を受けています。

PB230075.JPG

明治後半、時の駐日英国大使アーネスト・サトウは、成長著しい西日本における外交・経済・交通の拠点である下関に英国領事館を設置することを本国へ具申。

PB230069.JPG

明治34年(1901)9月、英国領事館が下関に設置されました。

PB230068.JPG

その5年後の明治39年(1906)、領事業務の拡大に伴い、領事館が新たに建設されました。

PB230063.JPG

これが現在の建物で、現存最古の領事館建築物であることに加え、明治期の外交関連施設の典型を示すものとして歴史的価値が極めて高く、国際都市下関を象徴する建造物です。

PB230061.JPG

赤煉瓦に包まれた建物は、昭和16年(1941)まで使用され、領事室や領事の居室などに使用された主屋と、使用人室や厨房などに使用された附属屋からなっており、旧下関英国領事館画像設計者は英国工務局上海事務所技師長のウィリアム・コーワンと推定されています。


また、建築年代を記す重要な資料として、

PB230064.JPG

「上棟 明治参拾九年八月九日」と記された

PB230065.JPG

【幣串】が附指定となっています。

 

「旧下関英国領事館」の向かいには、

PB230076.JPG
旧秋田商会ビル
PB230077.JPG

大正4年に竣工の日本近代建築史を代表する建築物です。国内最古級の現存する鉄筋コンクリート造の事務所建築で、屋上には日本庭園と日本家屋を備え、和洋折衷のつくりが特徴です。

 

下関南部郵便局
PB230078.JPG

下関に現存する西洋建築の中で最も古い建築物です。現在も郵便局として使われる他、レトロな雰囲気の空間を活かしてコンサートやイベントスペースとしても活用されています。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このブログは、福岡県大川市の 
有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい




E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8

TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 06:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。