RSS | ATOM | SEARCH
九州最東端 「鶴御埼(つるみさき)灯台」:知らない大分へ行ってみよう!その5

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。笑顔 笑顔 笑顔   
 

お隣の県ながら、行ったことのないところが沢山ある「大分県」

 

「行ったことのない大分県へ行ってみよう!」とテーマを決めて、一泊のドライブ旅行で

 

P9230163.JPG

大分県の南部に位置し、豊後水道に向かって東に突き出す「鶴見半島」。


その最東端、佐伯市
鶴御埼灯台へ行ってきました。
P9230186.JPG

鶴御埼灯台は、海抜約200mの絶壁にたつ、昭和56年に点灯した比較的新しい灯台です。
P9230174.JPG
白色円形コンクリート造で、構造物の高さは地上から14m、光達距離23海里で、この光は対岸の四国まで届く距離です。

P9230184.JPGP9230182.JPG

鶴御埼灯台の下には、明治27年に建設された海軍望楼の跡があり、これは鎮守府のあった軍港呉から、太平洋・東シナ海・日本海への艦船の移動には豊後水道が戦略上重要な海域であったことから、豊後水道をはさんで大分・愛媛両県にまたがって豊予要塞が構築され、この水域の防衛を任務としました。

P9230178.JPG

当時はこの望楼前を通過する軍艦及び西洋型商船は艦船名符号信号旗を掲揚する義務がありました。
 

灯台から少し歩くと展望台があり、

P9230171.JPG

三方に紺碧の海が広がる絶景スポットです。

P9230172.JPG

(北側)

P9230173.JPG

(東側、四国を望む)

P9230169.JPG

(南側、太平洋・日向灘)

 

展望台には「幸せの鐘」が作られていて、

P9230180.JPG

これを鳴らすためにカップルが訪れる“恋人の聖地”となっているとか。

 

灯台までの道のりは、所々離合もままならない海岸1車線の非常に狭い路をひたすら東に向かうのですが、

P9230170.JPGP9230177.JPG
この景観に出会えるのなら、その苦労も一瞬で吹き飛ぶだけの美しさがあると思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 06:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://seishin-do.jugem.jp/trackback/2396