RSS | ATOM | SEARCH
石清水八幡宮

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

京都府八幡市、

IMG_4697.JPGP5050588.JPG

『石清水八幡宮』を初めて参拝させていただきました。

 

石清水八幡宮は、平安初期の創建以来、都の裏鬼門(西南)を守護する神として天皇家との縁が深く、武運長久の神としても武士から崇敬を集めている由緒ある神社です。

P5050591.JPG
平成28年、本社十棟、附棟札三枚が国宝に認定されました。

P5050597.JPG

P5050596.JPG

こちらは徳川家光が造賛したもので、日本三大八幡宮の一つに数えられ、現存する八幡造の中で最も古く最大と言われています。

 

本殿正面向かって左側、塀の後ろにあるのは、楠正成公が必勝祈願の為に奉納したと言われる石清水八幡宮の【ご神木】。

P5050594.JPG

P5050593.JPG

樹齢700年の「楠」で、大きさは根周り18m、樹高30m、樹冠40mもある巨木で、京都府指定天然記念物となっています。

 

本殿の裏側、東北の石垣の角は【鬼門封じ】で、角を切り取った形になっています。

P5050599.JPG

なぜなら東北の方角は「丑寅」と呼ばれ、牛の角を持ち、虎の皮を被った鬼がやってくると言われた鬼門だったからです。

P5050602.JPG

 

石清水八幡宮の麓の一ノ鳥居】にかかっている扁額の「八幡宮」の文字は、寛永の三筆と言われた松花堂昭乗が、平安の三蹟・藤原行成の書を臨書したものです。
P5050629.JPG
よく見ると、「八」の字が、八幡神の御使いである双鳩の形になっています。遊び心があって楽しい意匠ですね。

P5050630.JPG

 

この奥には【頓宮殿】があり、

P5050635.JPG

P5050634.JPG

年に一度の勅祭石清水祭で重要な儀式を執り行われます。

 

頓宮のすぐ横にあるのが、「徒然草・第52段」に出てくる【高良神社】です。
P5050636.JPG
「徒然草」 第52段の「仁和寺にある法師」の話を簡単に言うと「仁和寺の老僧が『一度は石清水八幡宮に参拝したい』と思って、ついに行ったが、麓の高良社や極楽寺を参拝して帰ってきてしまった。他の人は山を登っていたが、『神にお参りすることが本来の目的だ』と山の上まで行かなかったため、八幡宮には参拝できなかった。少々のことでも案内人はいてほしいものだ(先達はあらまほしきことなり)」というものです。

現在の高良神社は小さなお社ですが、当時は、石清水八幡宮と間違うくらい立派な社があったのかもしれません。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 06:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。