RSS | ATOM | SEARCH
日本文化の贅沢空間 「建仁寺」

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

京都市東山区、

P5050569.JPG

重要文化財「勅使門」

京都最古の禅寺「建仁寺」を参詣させていただきました。

P5050570.JPG

「三門」

比叡山で天台密教をおさめた後に、28歳と47歳で二度も宋へ渡って学んだ【栄西禅師】が開山しました。宋では茶礼など茶の喫茶儀礼も修行し、帰国後に日本初の禅寺を福岡で開きます。

P5050573.JPG

「本坊」

その後60歳を過ぎた1202(建仁2)年にこの寺を建立。75歳で亡くなるまでこの寺で過ごしたのです。

 

日本美術史の中でも大きくとり上げられる「風神雷神図屏風」

P5050575.JPG
俵屋宗達(たわらやそうたつ)が描いたこの絵は「琳派(りんぱ)」の象徴ともいわれていて、

P5050576.JPGP5050577.JPG

受付を過ぎると真っ先に出迎えてくれます。

 

「方丈」の奥へ入っていくと待っているのが、

P5050579.JPG

展覧会が開かれるほどの人気となっている海北友松の「雲龍図」です。

P5050580.JPG

国宝級の絵画は博物館や美術館で見るというのが普通ですが、建仁寺では襖絵は襖絵として、広い庭に面して開け放たれた場所で桃山時代と変わらぬ様子のまま見ることができます。
IMG_4591.JPG
そんなことが可能となったのは、栄西禅師の入寂から800年の記念事業の一つとして重要文化財などの絵画が高精細デジタル複製されたからこそ!!!

IMG_4589.JPG

紫外線や埃などの劣化を心配することなく、現代でも同じように落ちついた和の空間で絵と対峙することができるのです。

 

そんな襖絵がはめ込まれた建物、「方丈」の前に広がるのが、「大雄苑(だいおうえん)と称される枯山水の庭。

P5050582.JPG

IMG_4582.JPG

白砂の向こうに岩と緑が作りだす世界は多くの人を大河や大海原を見ている心地にさせてくれるようで、日本人だけでなく海外からいらした方もこの庭の前だとゆっくりと過ごしてしまうようです。

 

長い廊下をはさんだ先にある「法堂(はっとう)

P5050572.JPG

1765年に建立された堂々たる大きさ。

IMG_4588.JPG

中に入ると厳かな気持ちが湧き上がってきます。

ここで特に注目したいのが天井に描かれた「龍の図」です。

IMG_4583.JPG

ふつうは1匹を描くことが多いのですが、建仁寺の法堂(はっとう)では二匹。口を開いたものと閉じたものと「阿吽(あうん)」の龍になっています。

IMG_4587.JPG

この龍は平成に入ってから小泉淳作氏が描いたのですが、描かれているのは畳108枚分もの広さです。この大きさなので、制作には北海道の廃校になった小学校の体育館が使用されたそうです。

 

美しい苔が広がる先にあるのが、豊臣秀吉が北野大茶会を催した折に利休の高弟が担当した席で使われたといわれている、

IMG_4604.JPG

茶室「東陽坊」

 

「方丈」の奥にある四方正面の禅庭「潮音庭」にはモミジが植えられています。

IMG_4622.JPG

IMG_4623.JPG

新緑も美しいのですが、秋は苔の上に色づいた紅葉が映え華やかな一面も見せてくれることでしょう。

 

建物と、庭と、日本美術をまとまって観賞でき、しかもおおらかな空気で包んでくれる「建仁寺」でした。

IMG_4625.JPG

ありがとうございました。合掌

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://seishin-do.jugem.jp/trackback/2261