RSS | ATOM | SEARCH
岡田三郎助の花物語―万花描く辻永とともに―:佐賀県立美術館

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

佐賀県立美術館で開催されている、

P3210019.JPG

岡田三郎助の花物語―万花描く辻永とともに―へ行ってきました。

20190322095004298_0001.jpg

明治〜昭和初期の洋画壇を牽引した画家・岡田三郎助(1869-1939)は、明治39年末に文筆家の小山内八千代と結婚したことを機に、現在の東京都渋谷区恵比寿にアトリエを構えました。作品制作や後進指導の場であったアトリエは、岡田没後、親しい画家の辻永(1884-1974)に引き継がれ、長く守られたのち、平成30年4月、岡田の故郷である佐賀県へと移設されました。

P3210023.JPG

この展覧会では、アトリエ移設1周年を記念し、岡田三郎助と辻永という、アトリエに暮らした2人の画家について紹介しています。

P3210022.JPG

岡田と辻がともに愛したもの、それは「花」でした。

岡田三郎助は、フランスでラファエル・コランの薫陶を受け、作品に花(植物)を描くようになりました。それらは、背景の一部、あるいは着物の模様でありながら、主題である女性の性質や物語を暗示する役割も担っていました。また、薔薇などを描いた静物画も、岡田の画業において重要な位置を占めています。

P3210026.JPG

辻永も、花とゆかり深い画家でした。少年の頃、画家になるか植物学者になるか悩んだほどの植物好きであった彼は、生涯を通じて2万点を超える植物画を描き、それらは大著『万花図鑑』『万花譜』として結実しました。

連れ立って写生旅行に出かけることも多かった岡田と辻は、花・植物への関心を共有し、それぞれの作品に反映させていったと考えられています。 
岡田と辻の作品にあらわれた「花」をめぐる物語は、近代洋画史において花の果たした役割を明らかにすることでしょう。(HPより)

 

関連イベントとして、【岡田三郎助アトリエ】にて

P3210027.JPG

P3210028.JPG

「ドライフラワーとバラの展示」が開催されています。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:美術館・博物館, 06:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。