RSS | ATOM | SEARCH
アトリエ移設記念展「岡田三郎助と女性画家たち」:佐賀県立美術館

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

チラシ1.jpg

佐賀県立美術館で開催されている「アトリエ移設記念展「岡田三郎助と女性画家たち」」へ行ってきました。

P5010001.JPG
近代洋画の巨匠として知られる岡田三郎助は、女性の美術教育にも尽くしました。この展覧会では岡田三郎助の作品とともに若き頃岡田に師事した女性画家たちの作品を展示してあります。

チラシ3.jpg

また東京渋谷区恵比須に現存していた岡田三郎助のアトリエと女子洋画研究所を移築。佐賀に生まれ、明治から昭和初期の洋画壇において重要な存在であった岡田三郎助の息づかいを感じることができる展覧会です。
 

P4290049.JPG
岡田三郎助は明治41(1908)年から昭和14(1939)年まで、現在の東京都渋谷区恵比寿で暮らし、制作に打ち込みました。

P4290062.JPGP4290061.JPG
自宅に隣接したアトリエは木造の洋風建築で、岡田の没後は弟子の洋画家の辻永
氏が譲り受け、その後も辻家の人々により今日まで守られてきました。

P4290056.JPGP4290052.JPG
アトリエは岡田の数々の名作が誕生した場であり、またその一室は、彼が主宰した
「女子洋画研究所」の教室として使用され、ここから多くの女性画家たちが巣立っていきました。

P4290054.JPGP4290060.JPG
東京・渋谷に残されていた岡田三郎助のアトリエを佐賀に移築し、4月1日より公開が開始されています。

P4290051.JPG
 

岡田三郎助アトリエ公開を記念して、岡田三郎助が教授をつとめた東京芸術大学で学び、具象絵画の表現世界をひろげる小木曽誠(佐賀大学准教授)が育てた注目の女性画家二人、仁戸田典子さんと鶴友那さんが新生岡田アトリエで制作活動を行っていらっしゃいます。

チラシ2.jpg

アーティストインレジデンス(滞在制作)は〜5月20日(日)まで、岡田アトリエで開催され、その様子を見せていただくことができます。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:美術館・博物館, 06:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。