RSS | ATOM | SEARCH
懐かしのブルー・トレイン

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

P4080189.JPG

初めて立ち寄った、大分県日田市「日田天領水の里 元気の駅」

P4080151.JPG

ここには、1964年に登場し2009年3月まで東京〜大分間を運行していた「寝台特急 富士」が展示されています。

P4080153.JPG

牽引機関車のED76形電気機関車

P4080164.JPG

P4080156.JPG

機械部分は取り除かれていますが、運転台に座ることが出来ます。

P4080157.JPG

P4080158.JPG

 

P4080165.JPG

「A寝台 個室寝台車」

P4080175.JPG

P4080174.JPG

P4080167.JPG

サイドテーブルを跳ね上げると

P4080169.JPGP4080168.JPG

洗面台が現れます。

P4080170.JPG

そうそう、こんな灰皿が付いてましたよね!?(笑)

P4080176.JPG

トイレのところには「冷水器」。

P4080177.JPG

折りたたみ式の「紙コップ」で消毒液の匂いが強い水が出てきてましたよね?!懐かしーーー!

 

P4080185.JPG

二段式の「B寝台車」

P4080179.JPG

P4080178.JPG

窓の中央にある柱を両脇に開くと、

P4080182.JPGP4080181.JPG

「はしご」になります。

P4080183.JPG

通路側には「化粧鏡」。

P4080186.JPG

私が初めて「ブルートレイン」に乗ったのは、およそ半世紀前の1969年。東京〜佐賀間の「特急 さくら」。(まだその頃は「ブルートレイン」という言葉はありませんでした。) 新幹線は東京〜大阪間でしたし、飛行機なんか庶民にとっては高根の花!

P4080187.JPG

午後5時ごろ【佐賀】を出て、翌日午前11時ごろ【東京】に着いたような・・・?のんびりした時代です。

P4080150.JPG

時代の流れとともに、九州各地と東京を結んでいた「ブルートレイン」は相次いで廃止されていきました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:乗り物大好き!, 05:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://seishin-do.jugem.jp/trackback/1873