RSS | ATOM | SEARCH
永野の風穴(かざあな)

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。 笑顔 笑顔 笑顔

 

「暑さ寒さも彼岸まで・・・。」と言いますが、雑誌で見つけた ≪納涼スポット≫ へ行ってきました

 

佐賀県武雄市若木町、

P9160416.JPG

「永野の風穴(かざあな)です。

 

P9160417.JPG

【永野公民館】前のスペースが、車3〜4台分の駐車場があります。

P9160418.JPG

お地蔵さん(?)が迎えてくれます。

 

彼岸花が咲いて、

P9160419.JPG

のどかな山村風景ですが、

P9160420.JPG

無人の家屋が多いみたいです。

 

第一村人発見!!!

P9160422.JPG

そのおばさんが、「ようこそいらっしゃいました。気を付けて行ってきてください。」と声をかけてくださいました。

P9160421.JPG

ここからは、軽トラがやっと通りそうな上り坂。

P9160423.JPG

栗の実がなっていて、「あー、秋だな〜。」

P9160430.JPG

振り返ると山谷の最深部だとわかります。

P9160433.JPG

舗装路が途切れると石段が現れました。

P9160432.JPG

この日は≪真夏日≫

日ごろの運動不足も手伝て、すでに汗だくです。(笑) 

登り口にあった≪杖≫をお借りすることにしました。

P9160435.JPG

ゴロゴロとした石が現れます。

 

風穴まで40m。

P9160437.JPG

ここからの道はさらに険しくなります。

P9160438.JPG

30分ほどで≪風穴≫到着!!!

入口の上には巨大な一枚岩。両脇はきれいに石組みがされています。

P9160439.JPG

前に立つと中から冷たい空気が流れてきます。

P9160448.JPG

中は真っ暗!

 

入口においてある懐中電灯をお借りして中に入ってみました。

P9160449.JPG

「おーーー!涼し〜ィ!!!」

先ほどまで掻いた大量の汗がどんどんと冷やされていきます。

人が20人程入れそうな広い空間になっていて、内部も。

P9160445.JPG

温度計は11℃を指しています。外との気温差20℃以上!

 

ライトを天井に向けると、

P9160444.JPG

【コウモリ】がいました。

 

なんとも不思議な建造物(?)です。

P9160452.JPG

無事下山してくると、前出のおばさんのご主人らしきおじさんが、「お疲れ様でしたー。どちらからいらっしゃいましたか?」と声をかけてくださいました。

なんでもこのお方、この≪風穴≫の保存会の会長さんらしく、わかっていない部分も含めて詳しくお話をしてくださいました。

 

お話によると・・・、昭和初期にはこの風穴で養蚕もしていたようです。
保存会では、今後調査を進めていくとのことですが・・・、

今のところ、
▼お殿様の涼み場所
⇒ただし、このあたりは誰が統治したのかはっきりしていない。
▼天然の冷蔵庫・保管庫(夏は涼しく冬は暖かい)
⇒冬、降雪もあるこのあたりでは食料などの保管に利用していた?
などという説が有力だそうです。
プロの石工が作ったとされる石垣をはじめ、いまだに風穴の保存状態が保たれていることも、時の権力者・有力者がある程度の金と時間を費やしてそれなりのものを作らせたと考えて間違いないようです。

 

なんとも不思議な、

P9160453.JPG

「永野の風穴」でした。

 

帰り道に出会った、「案山子」

P9160455.JPG

(笑) (笑) (笑) (笑) (笑) (笑) (笑) (笑) (笑) (笑) 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 06:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
波野高原そば公園

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市大木町柳川市久留米市城島町・三潴町

佐賀県佐賀市諸富町・川副町及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。 

 

 「波野高原そば公園です。

P9080129.JPG

初めて訪れました。
P9080139.JPG
阿蘇市波野大道地区、標高754m九州最高の駅JR豊肥線「波野駅」の近くにあります。

P9080140.JPG

今まさにシーズンを迎えた、約700万本の【そばの花】のレースがどこまでも広がります。

P9080131.JPG

そして西側には阿蘇の山々。

P9080137.JPG

根子岳、高岳、噴煙を上げる中岳。

P9080141.JPG

この方向からの【阿蘇五岳】は初体験です。

P9080128.JPG

来て見てよかった!!!

P9080127.JPG
たのしいはんこ屋さんのたのしい 「波野高原そば公園」 でした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

HP 
福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」印鑑・実印は正信堂

E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 
福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284



営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
音無井路十二号円形分水(おとなしいろじゅうにごうえんけいぶんすい)

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。   

音無井路十二号円形分水へ行ってきました。
 

大分県竹田市、熊本県と宮崎県の県境に近い

こんな山奥にあります。

 

P8140171.JPG

音無井路は、元禄6年(1693)最初の井路が完成しましたが、大暴風雨により水路施設が崩壊し、その後も工事が計画されましたがすべて挫折してしまいました。

P8140177.JPG

明治14年(1881)、工事が再興され、延長2,100mが完成しましたが、また中断して同25m(1892)に十二号分水までの隧道が完成しました。

P8140172.JPG
その後、地区内部による水利争いが生じたため、昭和9年(1934)一定の割合で正確に分配するために、円筒状の設備の中心部に用水を湧き出させ、円筒外周部から越流させる仕組みとなっている円形分水が設置されました。

P8140175.JPG
焼酎のテレビCMでここを知りました。(笑)

P8140176.JPG

何とも涼しげな景観です。

P8140174.JPG

水は冷たく、水路から吹く風は涼しくて最高です!

 

たのしいはんこ屋さんのたのしいドライブでした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。




E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 
福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284



営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
旧毛利家本邸

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・

佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の


実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はんの正信堂 徳永です。   


美人?妻と初めて訪れた【山口県防府市】

 

「防府天満宮」への参拝が目的だったのですが、ポスターに誘われて『旧毛利家本邸』へ行ってみました。

P7070176.JPG

駐車場からなだらかな松並木の路を進んでいくと【表門】です。

P7070111.JPG

城門を思わせる豪壮な総欅作りで、中央の大扉は主人と特別な人が通る時以外は開くことはなかったそうです。
P7070112.JPG

表門から本邸に通じる広い路の右側に梛川(なぎ)が流れてカエデの林、

P7070175.JPG

左は自然林を背景に数百本のツツジが配されています。

 

もみじの道を進んでいくと、本館、庭園、博物館、ミュージアムショップがある広場が見えてきます。
P7070173.JPG

軒唐破風付車寄せをもつ、

P7070114.JPG

江戸期の御殿造の様式を取り入れた建築で、

P7070138.JPG

明治・大正の建築技術の粋を集めた殿堂です。

P7070116.JPG

【玄関】

P7070136.JPGP7070125.JPG

近代和風建築の粋がつくされた本館の用材には、当時最良とされた台湾のケヤキ、神代スギ、黒部スギが、それぞれ床板、仕切り戸、天井に使われています。

P7070118.JPG

広さ約1,210坪の館内の畳の数は780枚、

P7070126.JPG

館内外には各部屋に調和した3つの平庭があり、

P7070129.JPG

見る人を楽しませる造りになっています。

 

文明開化から約40年、毛利氏邸が建設された時代は西洋のものが流行していました。

P7070123.JPGP7070121.JPG

毛利氏邸本館でも随所に西洋建築の影響が見られ、各部屋にインターフォン、二階に続く階段にシャンデリア、

P7070133.JPGP7070135.JPG

浴室にシャワー設備があり、これらに使われる電力はすべて自家発電でまかなわれました。

P7070127.JPG

毛利氏博物館に収蔵される2万点の美術工芸品や古文書類は定期的に入れ替わり、毛利家の歴史のみならず、武家権力の動きを伝えています。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このブログは、福岡県大川市の 
有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい




E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8

TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
樫原湿原にて(動物編)

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。   

 

佐賀県唐津市七山「樫原(かしばる)湿原」へ行ってきました。

P7150019.JPG

九州の尾瀬といわれ湿原植物の宝庫で、

P7150022.JPGP7150021.JPG

佐賀県環境保全地域に指定されています。

 

そしてここは「トンボの王国」!!!

P7150029.JPG

中でも、日本一小さい【ハッチョウトンボ】。

P7150034.JPG

体長は2cm足らず。(画像は♂)

 

【オニヤンマ】が飛んでいました。

P7150070.JPG

「オニヤンマなんて何年ぶりに見ただろう!?」

え?どこにって?

maru.jpg

ここです!

yanma.jpg

ほらね!(笑)

 

チョウチョもいましたよ。

P7150047.JPG

【ツマグロヒョウモン♀】

P7150051.JPG

【ツマグロヒョウモン♂】

 

P7150055.JPG

草むらからゴソゴソ音がします。

P7150059.JPG

【シマヘビ】です。

P7150060.JPG

カエルを捕食して巣穴へ帰るところでしょうか?

P7150071.JPG

たのしいはんこ屋さんのたのしい「樫原湿原」でした。 笑顔 笑顔 笑顔


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。




E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 
福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284



営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 11:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
樫原湿原にて(植物編)

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・

佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の


実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はんの正信堂 徳永です。   


佐賀県唐津市七山「樫原(かしばる)湿原」へ行ってきました。

P7150019.JPG

九州の尾瀬といわれ湿原植物の宝庫で、

P7150022.JPG

佐賀県環境保全地域に指定されています。

P7150028.JPG

ボランティアガイドのおじさんが、「今、木道の脇に【カキラン】が咲いてますからぜひ見て行ってください!」

P7150023.JPG

 

P7150063.JPG

【ユウスゲ】

P7150065.JPG

 

【ヒツジグサ】

P7150035.JPG

ボランティアガイドのおじさんが、「なぜ【ヒツジグサ】っていうか知ってますか?」

「・・・、さあ???」

「それは未(ひつじ)の刻に花が咲くからです。2時ごろね!」
P7150038.JPG


たのしいはんこ屋さんのたのしい樫原湿原でした。
P7150072.JPG


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このブログは、福岡県大川市の 
有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい




E-mail  メールでのお問合せ

〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8

TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
これは、すごいぞ!100。「周防国分寺」

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

「防府天満宮」を参拝するために初めて訪れた【山口県防府市】。

参拝を終えて、「下関・唐戸市場でご飯食べて帰ろうか?!」などと言っているところで目にしたポスター。

P7070095.JPG

【1】は、日本最古の天神様「防府天満宮」。

「じゃあ、100と25,000、4,000ってなんだ?よし、行ってみよう!」 

 

「防府天満宮」から500m程、「周防国分寺」です。

P7070103.JPG

旧山陽道に面して建てられている周防国分寺は、聖武天皇が国家の鎮護と国民の幸福を願って国ごとに建立された由緒ある官寺です。聖武天皇の時代ですから、奈良時代のこと。

P7070104.JPG
現在は、往時の遺構遺跡と建造物の一部を残すのみですが、仁王門(楼門)と大金堂は残っています。
P7070101.JPG
二層入母屋造の仏殿で建坪116坪の「金堂」(重要文化財)です。金堂内の須弥壇(しゅみだん)は、桃山時代のものと伝えられています。従来のものは、応永24(1417)年に焼失したため応永28(1421)年に大内盛見によって再建されたものです。また現存の仏殿は、安永8(1779)年毛利重就によって建立されたものです。

P7070098.JPG

須弥壇上には、本尊藥師如来坐像を中心に日光・月光菩薩立像、四天王像、十二神将などが安置されています。
本尊藥師如来坐像は、室町時代制作の仏像としては極めて珍しい大型像で貴重な作例で、また脇侍の日光・月光菩薩立像と須弥壇の四隅を固める四天王像は平安時代の一木造の堂々たる作です。

P7070099.JPG
その他堂内には、阿弥陀如来立像・十一面観音・十二神将・十二天・不動明王・愛染明王など、「100」体以上の諸仏が安置されています。そのほとんどが重要文化財です。

P7070102.JPG

「100」の謎が解けた、「周防国分寺」でした。

P7070106.JPG

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「茶室 芳松庵(ほうしょうあん)」:防府天満宮

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

初めて参拝させていただいた、山口県防府市

P7070049.JPG

「防府天満宮」

 

参道の途中に、

P7070080.JPG

「芳松庵(ほうしょうあん)と名づけられた茶室があります。

P7070081.JPG
菅原道真公はお茶に関する故実を調査、研究され世間に喫茶の習慣を広められ茶聖菅公と称せられました。

P7070089.JPG

菅公とお茶の深い関わりを後世に伝えるため、平成3年に「茶室 芳松庵」が建立されました。

P7070090.JPG

緑豊かな日本庭園の中で【茶席】を楽しむことが出来ます。

 

お茶室の門をくぐって左手にある、二階建ての古めかしい建物を「暁天楼」といいます。

P7070083.JPG

もとは天満宮門前宮市にあった宿「藤村屋」の離れだったそうです。当主は勤皇の志が篤く、また宿のもてなしがよかったためか、坂本龍馬、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文ら、維新の志士たちもしばしば利用したそうです。

P7070084.JPG

建物の1階は漬物小屋として使われていたため土間で、この2階に上がる階段は実は隠し階段になっており、維新の志士たちが、いざという場合には息をひそめて隠れていることのできるこの場所で密談をしたのだろうという想像が現実味を帯びてきます。

P7070085.JPG
復元前の2階の床柱には刀傷がついていたそうですし、戸袋には墨で勢いよく書かれた落書きがあり、これは坂本龍馬の手によると言われています。また、「暁天楼」の名前は、旧来「適義楼」と呼ばれていたものを、訪れた山県有朋らが改めたといいます。
復元されたものではありますが、幕末動乱期の空気をひしひしと感じさせてくれる場所です。

 

 

今回のドライブの目的、「日本三大天神」のひとつ「防府天満宮」の参拝を終えて、立ち寄った参道入り口【まちの駅 うめてらす】さんで見かけたポスター。

P7070095.JPG

これは、すごいぞ!1、100、25,000、4,000。???

P7070096.JPG

これから今回の「防府観光」が深〜いものになっていくのでした。

 

つづく・・・。 (笑)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
日本最古の天神様「防府天満宮」

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

美人?妻と初めて訪れた【山口県防府市】。

P7070038.JPGP7070036.JPG

目的は「防府天満宮」への参拝です。

 

防府天満宮は、北野天満宮(京都市)・太宰府天満宮(太宰府市)と並び日本三大天神と言われ、三社の中で最も古い歴史を持ちます。
P7070043.JPGP7070042.JPG
京の政権争いに巻き込まれ、九州へ左遷された「菅原道真公」は、旅の途中ここに立ち寄り、この風光明媚な土地をいたく気に入りました。そして「自分の死後、魂となってここに戻る」と心に誓い九州へ。

P7070078.JPG
そして、九州で亡くなった後、防府天満宮の前身の社がこの地に建てられ、常に防府の中心的な存在として、地元の信仰を集めてきました。

 

P7070049.JPG

朱と青のコントラストが綺麗な楼門は、社殿・廻廊とともに904年に建築されました。その後時代が流れ、数回の火災に遭い、その度に再建。どの時代にも常に信仰を集めてきたという、本当に素晴らしい歴史を物語ります。

そして現在の建物は、昭和27年、三度目の火災の後再建されたもの。平安の雅な雰囲気の楼門で、5歳で梅の詩を詠み神童と呼ばれた、道真公の威厳を感じる事が出来る立派な門です。

 

P7070050.JPG

「本殿」: 国の登録有形文化財

 

かぎ針の付いた竿で鯛を釣る、

P7070054.JPG

その名も「目出鯛おみくじ」。(笑)

P7070053.JPG

 

境内には「春風楼」と云う珍しい建物があります。

P7070075.JPG

長州藩10代藩主毛利斎熙(なりひろ)は、五重塔の建立を思い立ち、設計をさせましたが、その資金調達の途中で一時中止になってしまいました。その後設計を変更して現在の形になったとのこと。
P7070064.JPG
五重塔の一層部分の骨組みが、基礎としてそのまま床下に組まれています。年代を感じる立派な木造の基礎です。

楼に登ると、市の全景・遠く瀬戸内海と島々が眺められます。

 

「LOVE神社の石碑」

P7070076.JPG

御祭神菅原道真公は子宝に恵まれ大変家族愛の強い方で、左遷の折も我身より家族の事をとても心配されたそうです。優しいお人柄の菅公が目指されていたのは穏やかな世の中でした。そんな菅公にあやかり、家族・恋人・友人そして世界中が愛に満ち、幸せであるように願いを込めて建立されたそうです。

 

参道の石灯篭にも、

P7070091.JPGP7070092.JPG

ハートマークがありました。

 

菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の≪総本社≫

岡県太宰府市の「太宰府天満宮」

 

今年5月に、初めて参拝させていただいた、
P5030407.JPG

もう片方の≪総本社≫、京都市上京区「北野天満宮」

 

そして、今回訪れた・・・、

P7070050.JPG

日本最古の天神様、「防府天満宮」

 

これで、「日本三大天神」コンプリートです!!!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
九州の伊勢神宮!【伊野天照皇大神宮】

福岡県大川市の「たのしいはんこ屋さん」正信堂(せいしんどう)です。

福岡県大川市・大木町・柳川市・久留米市城島町・三潴町・
佐賀県佐賀市諸富町・川副町
及び近隣の

実印銀行印会社印ゴム印の事ならお任せください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はんの正信堂 徳永です。

 

福岡県久山町、「伊野天照皇大神宮(いのてんしょうこうたいじんぐう)を参拝させていただきました。

P6160008.JPGP6160009.JPG

「伊野天照皇大神宮」は九州の伊勢神宮と言われています。

 

昔は九州から伊勢まで行くことは簡単には出来ませんでした。

P6160019.JPGP6160018.JPG

そこで黒田長政の孫にあたる光之が伊勢神宮に人材を派遣し鳥居から本殿まで今の形になったそうです。

その際、伊勢神宮のパワーをしっかりと勧請しているので伊野天照皇大神宮にお参りをすれば伊勢神宮に行かずして天照大神のパワーを頂けるのです。

 

【夫婦杉】

P6160020.JPG

数百年の自然環境の摂理により根交の杉なり何時の頃からか夫婦和合、家庭円満の守り神、夫婦杉として象徴されるに至った。(根本の看板より)

 

P6160022.JPGP6160024.JPG

P6160023.JPG

鳥居の向こうに拝殿と、

P6160025.JPG

右のほうに滝が見えてきました。

P6160027.JPG

【岩井の瀧】です。

 

P6160032.JPGP6160031.JPG

【拝殿】

P6160033.JPG

ご祭神:天照大神(あまてらすおおみかみ)

    手力雄神 (てじからおのかみ)

    萬幡千々姫命(よろずはたちじひめのみこと)

神殿や建物の配置も伊勢神宮を模して築造されているそうです。

伊勢神宮の20年に1度の式年遷宮の際、建て替えられるときに出た木材(再利用)でこちらを建て替えられるとのです。

拝殿正面に「雲従龍」と書かれた扁額が掲げてあります。

P6160030.JPG

「立派な君主のもとには優れた臣下が現れる」ということの例えで、伊野皇大神宮(龍)の御神徳を崇敬する人々(雲)が多数で集まり、ご加護を得て平和に繁栄することを表しているそうです。

 

P6160035.JPG

拝殿の後ろの石段を昇ると【本殿】があります。

P6160036.JPG

P6160037.JPG

本殿の両脇に【三叉の槍】。

P6160038.JPG

 

本殿の横の石段を更に昇ると

P6160042.JPG

【古神殿跡】

P6160044.JPGP6160043.JPG

式年遷宮で神殿が交互に建て替えられた跡です。

P6160045.JPG

跡ということは、現在は建て替えは行われていないのかも???

 

P6160010.JPG

境内の手前を流れる「猪野川」。

P6160012.JPG

伊勢神宮を模してここに架かる橋は「五十鈴橋」となっています。

P6160015.JPG

結界が貼られ本来は【禊】をする場所なのでしょうが、

P6160011.JPG

子供たちの格好の水遊びのスポットとなっています。(笑)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このブログは、福岡県大川市の 有限会社 正信堂(せいしんどう)
代表 徳永和則の日記です。
ご一読いただき、ありがとうございました。
ぜひ弊社ホームページへもお立ち寄り下さい。

お客様の【分身】となる大切な『印章』を、「一級技能士」・「ものづくりマイスター」の店主が心を込めて彫刻いたしております。


E-mail  メールでのお問合せ



〒831-0004 福岡県大川市榎津278−8



TEL:0944−86−4222 FAX:0944−86−4284

営業時間 月〜金 9:00〜19:00 土 9:00〜17:00

店休日 日、祭日

author:徳永和則, category:名所・旧跡, 05:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark